金沢にある21世紀美術館に行ってきました!金沢といえば兼六園!というイメージだったのですが、子どもの時に来た金沢のイメージは覆され、すごくオシャレな街になっていてびっくりしました。観光客も国際色豊かで、21世紀美術館では韓国の俳優さんが撮影をされていました。


今回の私の旅行の目的は、そう、金沢21世紀美術館です。
一番有名なものは、スイミングプールと呼ばれる作品です。

金沢21世紀美術館とは?

21st Century Museum of Contemporary Art
石川県金沢市広坂にある美術館。21美(にじゅういちび)と呼ばれることもある。観光客の多く立ち寄る兼六園の真弓坂口の斜め向かいに当たり、金沢城を復元中の金沢城公園の入口からも近い。繁華街の香林坊や片町からも徒歩圏内にある、市の中心部に立地した都心型の美術館。周囲には金沢能楽美術館、石川近代文学館、石川県立美術館、石川県立歴史博物館などテーマの異なる芸術関連施設があり、文化ゾーンを形成している。(一部wikipediaから抜粋)


プールの中は不思議な感覚でした!本当にプールの中にいるみたい。この作品は、地上からも見れるんですが、プールの中へは地下から入ることができます。時間帯によるとも思うのですが、この時はすごい人で、地上からも人が覗き込んでるし、プールの中も結構ぎゅうぎゅう状態で、、、タイミングよく、人がいないところを撮影することができました♩

私は夕方16時頃に行ったのですが、朝方だったら日がプールに射してまた違った印象で写真が撮れると思います。また、夜の時間帯はライトアップされるそうなので、その時間帯を狙って写真を撮りに行くのもいいかもしれませんね。

このスイミングプールの中に入るには、イベント展の入場チケットが必要となります。私が行った時はちょうど、池田学展というのが開催されていたのでチケットを購入して、プールも入って来ました。(当日券は1,000円でした)今回、スイミングプールだけを目的に金沢21世紀美術館に行ったのですが、池田学という芸術家を初めて知り、素晴らしい作品に触れることができ、なんだか金沢に来てよかったなーと心底感じ嬉しくなりました。

池田学さんの作品が気になった方はこちら♩
(※今回私が鑑賞した池田学展の関連本ではありません)

The Pen [ 池田学 ]

 


きっかけって大切ですよね。なんだか素敵な旅でした。旅の終わりに、金沢でお寿司をいただきました。のどぐろを初めて食べました、、、脂がのって美味しかったです。

金沢21世紀美術館は、施設の外も楽しい仕掛けがたくさんあります。もちろん施設の外は無料です。


今回宿泊したゲストハウス

今回は2泊3日でした。ゲストハウスもたくさんある金沢。新しくて綺麗なゲストハウスが多く嬉しい限り。その金沢のゲストハウスの中でも、オシャレな2軒を選びました。ご紹介しますね。

HATCHi 金沢/THE SHARE HOTELS
住所:石川県金沢市橋場町3-18
「北陸の魅力を繋ぐ場」を目指したシェア型複合ホテルです。2016年3月にオープンしたので、まだまだ新しく、綺麗でおしゃれなゲストハウスでした。女性専用ルームもあって女性にも安心。1階には受付と、小さなお土産売り場、コーヒースタンド、ダイニングがありました。共有ルームとキッチンは地下1階にあるのですが、キッチンには調味料もたくさんあって、本格的な料理も作れそうな空間でした。観光地「ひがし茶屋街」に近く、夜は周りのお店が少ないので、ゆっくりと過ごせる感じのゲストハウスでした。外国の方も宿泊されていましたが、どちらかといえば落ち着いたゲストハウスなので、交流する機会がありませんでした残念。コンビニまで徒歩5分ほど。

THE SHARE HOTELS HATCHi 金沢

 


Kaname HOSTEL
住所:石川県石川県金沢市竪町21 ムロノコレクションビル1F
金沢一の繁華街「香林坊」に近い堅町通り(堅町商店街)にあるゲストハウスです。ゲストハウス自体に広さはありませんが、ガラス張りのオシャレな1階が受付兼共有スペースになっています。ソファが1組あって、飲み物が無料(スティックタイプのコーヒー、紅茶など)なので、人が少ない日はゆったり過ごせます。私の時は宿泊者が少なかったので、夜に観光雑誌を見たりしてのんびりできました。途中でブラジル人カップルがやってきていました。このゲストハウスは、外国の方もちらほら宿泊されていました。交流したい方はおすすめかもしれません^^ 夜は周りにBARなどお店がたくさんありますので、飲んで深夜に帰ってくる方もいらっしゃいました。利便性もとても良かったです。

Kaname HOSTEL

 


金沢21世紀美術館へのアクセス方法

車や新幹線、電車もいいですが、できれば安く行きたい!!というわけで色々と調べました。
大阪から金沢へのアクセスでの最安値は、高速バスです!片道4,000円ほどで時間は約4時間30分です。
もし、JRの青春18切符の使える時期だったら、ゆったり時間をかけて行くこともできますが、確か片道7時間位かかります^^;なので、高速バスに抵抗がなければバスが便利です。

阪急バスだと、3列シートで毛布付き、充電までできてとても快適でした。